2009年03月30日 07:21

ひっこし本日はご訪問ありがとうございます。

このブログは、儲けの得々情報(ブログ) に集約しました。

よろしくお願いいたします。

 

【引っ越しのご挨拶】

 こんにちは梶間です。このブログ「歯科医院 増収増益の秘訣」を2005年3月に初めて250以上のコラムを書いてきました。

 ブログを始めた当時、私の事務所のある街には電話帳に約50の歯科医院がありました。顧問先の金融機関さんからもご苦労をされている歯科医院のご相談がありました。

 

そこで、何か応援できないかとブログを開設いたしました。だいぶ増患・集患の秘訣をお話ししました。その間、だんだんとブログを書く時間がなくなってきました。そこで、残念ですが3月いっぱいで「歯科医院増収増益の秘訣」を「儲けの得々情報」に集約しました。今後は、どうぞこちらをご利用下さい。

 

         儲けの得々情報(ブログ)

   本日は、ブログへのご訪問ありがとうございました。 

 

                                     

 



2009年03月23日 17:19

アンケート2

こんにちは梶間です。今日、本棚を整理していて気になる本を見つけました。中身をみると歯科医院にも共通のことが多いので、掲載いたします。

 


「患者が決めたいい病院(2007年版)30万人アンケート」(オリコン・エンタテイメント)

 

アンケートから見たいい病院

◆病院について

病院については医師の技量はもちろん、設備の充実をはじめ、専門的で高度な医療に対する期待・満足を挙げる声が目立ちました。

 

一方で待ち時間に対する不満も多数ありました。そうした不満を解消すべく、予約制を導入したり、院内のオンラインシステムを整備する病院も増えています。

 

◆診療所については

診療所については「以前から通っている」「医師が親しみやすい」など、立地や医師との人間関係から利用するという回答が多くありました。

 

ただし「待合室が狭い」「駐車場がない」「前の患者の診察時の話が聞こえる」など、設備やプライバシーのなさを訴える回答が病院よりも目立つ傾向がありました。

 

◆病院・診療所共通

また病院・診療所を問わず「休日や夜遅い時間でも診療してくれるところがいい」という回答もありました。休日や夜間の対応を病院選びの理由にする人は確実に増えているようです。

 

全体的に回答をみると「親切」「丁寧」「やさしい」「安心」「信頼できる」といったキーワードが目立ち医師や看護師、スタッフの人柄や対応が重視されているのがわかります。また気軽に相談できる診療所の良さをあげる回答が多いのはもちろん、大規模な病院ながらじっくりと診察や説明を受けられたという回答もありました。

 

医師・患者ともに意識が高まった証拠として、インフォームドコンセントやセカンドオピニオン、カルテの開示といった言葉も散見されました。高齢化が進む現在、長く付き合える医師が必要と考える人が増えつつあるようです。それこそがまさに「いい病院」を探す条件といえるでしょう。



2009年03月16日 17:19

不満

こんにちは梶間です。今日は、クレーム解決の話をします。

 

先日、ある歯科医院で患者さんとの予約時間の間違いがあり、患者さんがブツブツ言っていました。どこに問題があったのでしょうか?

 

 一般的に、クレームを解決するためにクレーム発生原因を突き詰めると3つのグループになることがわかります。

 

(1)個人の問題

   知識不足、スキル不足、コミュニケーション不足

(2)組織の問題

   分担が不明確、責任者が不明

(3)仕組みの問題

   連絡網がはっきりしない、ルールが不明確

 

 そうして原因が分かったら対策を実施していきます



2009年03月09日 17:18

患者目線こんにちは梶間です。今日は「患者目線を忘れない」の話です。

 

患者さんは、医院にくると「先生、お願いします」と治療室に入ってきます。お金を払う方が「お願いします」と言ってくれるのは、ありがたい仕事です。

 

しかし、忘れていけないことは、患者さんは設備、先生、スタッフを見て医院を選んでいます。

 

そして、患者さんは不満を持てば、黙って他の医院に移り、悪い口コミが残ることでしょう。

 

ですから、「患者目線を忘れない」です。



2009年03月02日 17:18

チャレンジ

こんにちは梶間です。とうとう「増患・集患100手」の100回目を迎えました。ここまでご愛読いただきありがとうございました。

 

最後は、「ともかくやってみよう!」の話です。

 

確かに一部の歯科医院は経営的にとっても優良なのですが、やはり、都内近郊では歯科医院は増えました。経営の世界では、ライバルが増えたらどうするかというと「ライバルとの違いを出す」=「選ばれる理由を磨く」ことが生き残りに必要と言われています。

 

皆均一の歯科医院ならみんな近くに歯医者に行きます。

ライバルと「異をつくる」忘れないで下さい。

 

そして、宣伝でも、職員教育でも先生が良いと思ったら「ともかくやって見て下さい!」

歯科医は内科医が皮膚科に転業するようには、なかなかつぶしがきかないのです。

 

この歯科業界で生きていく限り「論より実行!」です。ここで差がついて行きます。



2009年02月23日 07:25

患者満足

こんにちは梶間です。「患者満足は何か」の話です。

 

 もう最終回の100回目が近づいてきました。広告宣伝の話が続いているので、今日は基本に戻り患者満足の話です。

 患者が満足すれば、大切なよい口コミが生まれます。

 

 通常、患者の満足は男女、年齢、経済力、生活環境によって変わってきます。とかく専門知識に走りがちに診療行為ですが、=患者の満足とは限りません。

 

 患者の満足に研究し、気づくのがすべてのサービス業の基本です。



2009年02月16日 07:26

歯医者

こんにちは梶間です。「名前を呼ぼう」の話です。

 

「名前を覚える」と言うのは、リーピートにつながる話です。患者さんの名前を覚え、名前で呼びます。

 

 人は誰での自分の関心を持ってくれる人に好意を寄せます。歯科の診療でも患者さんを名前を呼び、Myドクターになっていきます。



2009年02月09日 07:24

招き猫

こんにちは梶間です。「他業種から学べることは多い!」の話です。

 

「人のふり見て我がふり直せ!」と言うことわざがあります。

これは医院経営にも当てはまります。繁盛している歯科医院を研究するのもGOODな方法なのですが、近い業態に医師の世界があります。

 

内科医、皮膚科医、アンチエイジング医など多くの繁盛医院があります。

どうぞ、ビジネスの視点で、「集客・増患」の視点で他の医院を研究してみて下さい。



2009年01月26日 07:28

内覧会

こんにちは梶間です。今日は、開業時、リニューアルした時の内覧会の話です。

 

内覧会の目的は、医院の存在をしってもらうこと、先生を知ってもらうことです。

開業時は建設会社やコンサルタントがいれば、内覧会を企画することが多いです。

 

内覧会への集客は、通常、近隣へのチラシ、ポスティング、近隣のドクターへの挨拶状で行うます。

 

当日は、院長がご挨拶をしたり、近隣住民向けの簡単なセミナー(お話)をします。医院ですは、医院のリーフレットと名刺型の医院案内を用意しておきます。

 

そして内覧会の後、簡単なパーティーを開き懇親を深めます。



2009年01月12日 07:27

ホームページ

 こんにちは梶間です。今日は、ホームページの話です。

 

 ここ数年、すっかり定着してインターネットによる医院案内です。

 正直なことろ宣伝費に余裕のある歯科医院は多くありません。そんな医院には、インターネットや看板が効果的です。

 

ホームページや業者にまかせても、自分で作っても問題ありません。

自分でホームページを作ったら、「Yahoo」に登録します。

 

できたら私は複数のホームページを持つことを薦めています。最近は、歯科医院専門のホームページ業者さんは増えました。

 

すでにホームページを持っている医院では、ホームページを定期的に更新していきます。ホームページにも鮮度があるのです。

 

それと、看板は、近所の患者を集めるのに地味ですが効果的です。



2008年12月29日 07:23

テスト

こんにちは梶間です。今日は、「宣伝方法を試して選ぼう!」の話です。

 

患者さんを集めるためには色々な宣伝方法がありますが、どの宣伝方法がベストであるかは、なかなかテストしないとわかりません。

 

そこで、宣伝方法を洗い出し、そして自分でテストしながらベストの宣伝方法を探していきます。

 

 宣伝方法の一覧です。

    電話帳

    インターネット

    携帯電話

    看板

    電柱看板

    駅看板

    バスのアナウンス広告

    ポスティング

    新聞チラシ

    セミナー、勉強会開催

    挨拶状

    既存患者への歯科医院ニュース

    雑誌に寄稿  etc



2008年12月15日 07:24

電話

こんにちは梶間です。だいたん集患100手のホントに100手に近づいてきました。今日は、タウンページ広告です。

 

 広告は、診療圏の患者の属性を考えて複数を選択します。例えば、診療圏が学生や若い人がおおければ携帯電話が宣伝効果があります。

 

 でも、年配の方が多ければ、電話帳広告が効果があります。他の医院との違いをアピールするには電話帳広告を試してみます。このテストは大事です。

自分の医院にとって効果のある宣伝方法は、理屈以上に試してみることです。

 

 ただ、電話帳広告では、即効性はありません。広告内容に医院の特徴を入れて、違いを強調します。この違いがないと、患者さんは近くの医院に行ってしまいます。

 

 電話帳の掲載は年1回だけです。巻末に申込み先が書いてあります。なければ一度、NTTに聞いてみます。

 

また忘れがちですが、無料版のタウンページの部分には必ず医院を掲載してもらいます。

 

こちらで拒否しない限り、無料版タウンページに載れば「インターネット版」のiタウンページに、ホームページのアドレスや地図をサービス掲載してくれます。お得です。



2008年12月01日 07:23

バス

こんにちは梶間です。だんだん集患100手のホントに100手に近づいてきました。今日は、バスのアナウンス広告です。

 

 さて、バスが交通手段になっている地域では、バスのアナウンス広告が効果大です。バスのアナウンス広告の目的は、医院の存在を知ってもらうことです。毎回、医院の名前を聞くことでバスの乗降客の頭に医院名がすり込まれてきます。

 即効性があるわけではありませんが、じわじわと効果ができる宣伝の方法です。

 

 具体的な進め方は、バス会社や広告代理店に問い合わせてみます。注意点としては、バス広告は地域により値段にバラツキがあるので、費用対効果をよく考えます。

 それと、紹介される医院名の前に付けるキャッチフレーズがとても大切です。 



2008年11月23日 09:19

監査こんにちは梶間です。読売新聞のweb siteで歯科医院経営の気になる歯科診療報酬の記事を発見しました。

 

読売ウイークリー(2008.11.30号)によると

 

 「大阪は歯医者天国。なんでも審査を通ってしまう」――東京都内のある歯科医が、やっかみ半分でこう漏らした。医療機関の行った保険診療を適正かどうか審査する厚生労働省所管の民間法人「社会保険診療報酬支払基金」。そこで行う歯科の審査にバラツキがあることが本誌調査で明らかになった。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

 

スクープ!! 歯科報酬査定 : 読売ウイークリー



2008年11月17日 07:23

ポスティング

こんにちは梶間です。先週、金融機関と支店長と会いましたが、この支店では歯科医院の借入金の滞納が増えてきたそうです。頑張りましょう!

 

 ポスティングは、個別に医院のニュースやご案内を投函して宣伝方法です。

例えば、新聞にチラシ枚数が30枚なら、医院にチラシは1/30ですが、ポスティングは1/1なので、見てもらえる確率はチラシより高いはずです。

 

 ポスティングをするのは、もちろん診療圏のお宅に配ります。広告代理店などの業者を使うことも多いのですが、テスト的に先生や職員もまいてみると、診療圏の生活の様子がわかって貴重な経験になります。自分でやるとだいたい1時間で200枚ぐらい配れます。

 

 ポスティングは、即効性があります。注意点としては、ポスティングは、チラシの内容・配るタイミングによって効果が大きく変わります。



2008年11月03日 07:27

サービス

 こんにちは梶間です。今日は、患者サービス力の話をします。

 

 医院では、看板、診療室、待合室は目で自分の目で見えます。しかし、患者に対するサービス度は目で見えません。

 

 懇意にしている患者さんで合えば、医院の不満足な点を話してくれるかもしれません。しかし、仕組みとして、そこで定期的に患者さんアンケートを実施することで患者の声を集めて改善することが増患につながります。

 アンケートを実施するだけで、患者さんは医院の姿勢を評価します。さて、

 

◆患者の声の集め方

・アンケートを実施する

・目安箱を置く

・匿名で返信用葉書を郵送してもらう

 

◆対応策

 患者さんの声を集めたら改善活動をします。

・患者対応チェックリストを作る

・朝礼の利用

・反省会をする

・院内で相互チェックをする

 

 どうぞ試してみて下さい。



2008年10月20日 07:25

時間 こんにちは梶間です。今日は、ライバル医院との違い作りから「診療時間」の話をします。

 

 どのような業界でも競争が厳しくなると、生き残るために差別化をします。簡単に言うと、他の医院と違った特徴を出します。その一つに「診療時間」があります。

 

 例えば、医院のまわりがビジネス街であれば、昼の12時の時間帯は開けたいところです。又は、夕方の診療時間を6時終了から7時終了にすることもあるでしょう。

 

 お年寄りが多い地域出れば早朝の開院で増患がはかれます。1時間の差でライバル院と異を作ることができます。

 

 地域によっては、土日・祭日を診療日に加える医院もあります。

 診療圏の患者さんの観察が大切な時代です。



2008年10月06日 07:22

ライバル

こんにちは梶間です。今日は、ライバル医院を観察しよう。

 

開業してしばらくすると、開業前ほど、ライバル医院の動向を忘れていました。しかし、お客さまは、いつも医院を選んでいることを忘れてはなりません。

そこで、定期的にライバル医院を見てみましょう。

宣伝の方法、外観の清潔度、口コミの様子、診療内容など。

 

 狭い地域で、あまりに競合関係が強ければ、医院のコンセプトを変えたり、診療時間を変えてみたり、「異をつくる」ことを忘れてはなりません。

 

 普通のビジネスの世界であれば、店を移転することも考えます。



2008年09月22日 06:26

ホームページ

現在では、多くの医院でホームページを持っていることでしょう。

ところが、ちょっと忘れがちなのでホームページのリニューアルです。

 

よく見られるのがホームページの作りっぱなしです。しかし、忙しい院長先生にとって適時に情報を更新したり、検索エンジン対策をしていないと、どんどん立地が悪くなります。(つまりアクセス数がへること)

 

忘れてならないホームページの更新。もし忙しければ、外部の業者を利用することも必要でしょう。



2008年09月08日 07:28

ホームページ

こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。今日は、複数サイトで集患する方法をお話しします。

 

インターネット

多くの歯科医院ではホームページを持っています。ただ、忘れがちなのでホームページを複数サイト持つことです。

 

代表的なサイトに

    地域の生活サイト…公共施設、商店街、病院の案内が掲載されています。そして多くのサイトが無料です。

 

    歯科専門サイト…歯の健康、歯科医院を紹介するサイトです。こちらも多くは無料です。

 

複数サイトに医院を掲載することは、紹介ルートを持つのと同じ事です。経費のかからない集患策。お試し下さい。



2008年08月25日 07:28

電話帳

こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。今日は、電話帳広告のコツをお話しします。

 

電話帳広告は急患に人が割と見ますですから、営業時間・休診日・電話番号・住所は必携です。

 

 

電話

電話帳広告での注意点は、代理店まかせにしないで、昨年の電話帳をしっかりと研究して下さい。地域が違う歯科医院の広告は参考になります。

 

地域の同じ医院では、患者さんは比べるので医院を選ぶので、特徴、診療時間、広告の大きさなど負けないようにします。

 

電話帳への掲載料は、枠の大きさ、色の数でだいたい決まります。

 



2008年08月11日 07:28

?

こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。

今日は、「患者の声を集めよう!」の話です。

 

ある医院で患者さんに来院動機アンケートをしました。

すると、この医院では、多かった順番に

 

 

1 先生がきちんと説明をしてくれる

2 家・職場から近いから

3 評判・口コミ(痛くないと聞いたなど)

4 医院が清潔

5 先生に信頼感がもてる こんな具合でした。

6 設備がいい

7 先生の医療技術が高い感じがする

 

あなたは来院動機を聞いたことがありますか。



2008年07月28日 08:10

インナーこんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。今日はインタープロモションの話です。

 

インナープロモーションって聞いたことありますか?プロモーションと言うと、医院を外部に宣伝することです。

 

これに対してインナープロモーションとは、院長の考え方を社員に伝えることを言います普通の会社では、経営計画の発表会であったり、朝礼、社内報でインナープロモーションを行います。

 

歯科医院の場合でも、院長の方針の発表、朝礼、ミーティング、クレーム対策会などで自分の考えをスタッフに伝えていきます。小技で言うなら、給与明細の自分の方針やスタッフの評価、励まし言葉を入れてもいいのです。

 

こうして院長の遺伝子をスタッフに植え付けていくのです。ですから、院長がしっかりとした方針を示さないと、医院は良くなりません。



2008年07月21日 07:28

泣く赤ちゃんこんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。今日は、「スタッフの態度が患者減につながる」と言う話をいたします。

 

先日、ある社長の奥さんが歯科医院に治療に行っていました。

 

 すると、子どもの抱いた若い奥様がいて、子どもの具合が悪いのかはき始めました。でも、その医院の受付の人は知らんぷりです。待合室には、他に2人の予約患者さんらしき人しかいませんでしたが、この医院の評判ダウンは言うまでもありません。

 

一般の小売りなら接客ですが、医院では接遇が必要です。特に医院では、患者を思いやるホスピタリティが不可欠です。受付の職員や衛生士の態度も、直接医院の評判につながります。職員の接遇教育は大切です。



2008年07月14日 07:22

誕生日(字)こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。最近

はスタッフ教育の必要な感じることが多くなりました。最近のご相談事例です。

 

<Q>スタッフのコミュニケーションを高める方法は何かないですか?

<A>他の医院ですが、朝礼、お誕生日会などがあります。今日は「お誕生日会」を説明します。

誕生日会

お誕生日会は、誕生月の人をランチ、休憩時のケーキ、診療後の飲み会、土曜日の早い時間の懇親会を開きます。

 人数が少なければ、誕生月をまとめてもかまいません。目的は誕生日会をすることではなく、各スタッフの関心をよせ、存在を認めてあげることです。



2008年07月07日 07:28

朝礼

こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。今日は、よくご質問をいただく市タップ教育のお話を少しいたします。お役に立てば幸いです。

 

 

<Q>父の工場では毎日、朝礼をやっていました。歯科医院では役立つでしょうか?

<A>朝礼は歯科医院でも役に立ちます。
 朝礼の効果は3つです。
?医院の考え方を繰り返して浸透される。
?業務連絡
?スタッフと院長先生とのコミニュケーション です。

 そして、朝礼で効果を出すことは、繰り返して実施することです。お試し下さい。  



2008年06月30日 07:28

受付

こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。今日は、先日、東京都世田谷区の先生からいただいたご質問の掲載いたします。

 

<Q>当医院では、患者さんが来ると受付で「どうなさいました」「どちらが悪いのですか」とたずねています。これは良いのでしょうか?

<A>できたら「問診票」を使いましょう。患者さんの中には、待合室にいる他の人に自分のことを聞かれたくないことがあります。

 

また、問診票であれば、患者さんの状況を医師に正確に伝えることができます。さらに、問診票で当医院への来院経路・動機のアンケートをしてもらい、今後の集患に役立てます。

ただ、お年寄りやお体の不自由な方は、口で聞いて、無理に書いてもらわないで、受付で質問してあげて、代わりに問診票を書いてあげたり臨機応変に対応しましょう。
 

また、忘れがちなのですが、親切に受診の仕方を説明すると良いでしょう。
 ポイント再掲です。
 
問診票を書く…来院経路をつかむ
 
親切に受診の仕方を説明する  



2008年06月23日 07:28

受付

こんにちは梶間です。歯科医院応援団の梶間です。今日は、医院の印象決める「受付」のコツをお話します。

 

90秒で"相手の心をつかむ!"技術」(ニコラスブースマン 三笠書房)はアメリカで370万部を突破したベストセラーです。

 本書には、 90秒で相手の心をつかむために、すぐに役立つ実践的なノウハウが紹介されています。


相手に好印象を与える原則は5つだけ。
 
心を開き
 
アイコンタクトし、
 
ほほえみ、
 
先手であいさつを行い、
 
身を乗り出して親しさをアピールする、の5つだと言います。

まずは、受付から心がけたいところです。 



2008年06月16日 08:08

医療モール

こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。

 

今、グループ診療所、医療モールが増えています。この流れ、歯科の業界にも見られます。ドクターのメリットは、割と少ない金額で独立でき、集客にも相乗効果でメリットがあるのです。

医療モール



2008年06月09日 07:24

地元密着

こんにちは、歯科医院応援団長の梶間です。今日は、全医院共通の立地適応の話です。

 

歯科医院の診療圏は500m〜1km程度です。ですから、歯科医院の経営にはこの診療圏にどんな人が住んでいる、医院の近隣にどんな人が集まるか再考してみましょう。開業時はよく考えたつもりの診療圏が変わっていませんか。

 

また、診療圏の住民や昼間人口の人達が変わっていなくとも、たまには立地を再考しても悪くはありません。例えば、医院がビルなら1階を100%の集客率とすれば、2階、3階は20〜30%になります。これ以上の階だと、通行人に看板は見えません。

 

歯科医院では、外からは技術力はなかなかわかりません。そこで、立地考えた看板と外観は意外と重要です。



【記事検索】